FC2ブログ
Yahoo! 占い12星座占いでおなじみジーニーが星占いと幸せのヒントをお届けいたします。

フロリダからのあいさつ!

私が機械翻訳を使ったことを許してください!

クリスマスは素晴らしかったです。 私は7歳の少女と良い友達になりました。 私はクリスマス記憶及びあとでの奇跡についてよりもっと書きます。

私は今フロリダのユニバーサルスタジオを訪問しています。 私はここで素晴らしい休暇を持っています。 私は前にイルカでいっぱいになることを期待しています。

全員が重量の上でそうであるので、私はここで非常に小さいと感じます。 しかしもし私がアメリカの食物を食べ続ければ、東京に向かう前に私が非常に容易に重量を得るのは確実です!

私は今年ウェブログを更新できないかもしれません。 それで私は2008の1つの非常に幸福な新年につき全部をあなたに願います。

愛と日当たりがよいフロリダからの光を送ります!
関連記事
あらかじめお断りしておくと、僕は美術に関する知識はありませんので、これはあくまでも個人的に感じたことを文章にしたにすぎません。お気軽に読み飛ばしてください。 

先々週のこと。上野の東京都美術館で12月24日に終了したフィラデルフィア美術館展に行ってきました。終了してから記事を書くというのが、なんともタイミングが悪くて失礼いたします。

ロダンの「考える人」を見たのは二度目でした。世界中に何体あるのかわかりませんが、サンフランシスコで見て以来7年ぶり。なんという因果か、まさにそれは7年前の12月の終わりだったので今さらながら世の中の不思議さに驚かれます。

後ろに回って背中を見ると、静かな悲しみを背負っているのが判りました。普段横から見られることが多いので、誰も彼の悲しみに気づいてくれないのだそうです。

この作品とお話してみた結果、より正確な作品名は「考えはじめた人」であることが判りました。この人はこれまであんまり何にも考えてこなかったけれど、やっと最近になって考えるようになったのだそうです。何を考えているのかというと、「自分はハンサムでこんなに完璧な肉体を持っているのに、何故女にいつも捨てられるのだろう?」と考えているらしいです。

「肉体を鍛えることばかりに集中して、内面を磨くことをしていなかったからなんじゃないの?」と言ってあげたら、さらに深く深く考えていたようです。

ピカソの作品の楽しさを再認識することができたのが、今回の一番幸せな出来事でした。

「ヴァイオリンを持つ男」が圧巻です。この作品は銅版とアルミ板、階段ふたつ、迷路、フォルテシモ、三つボタン、ヤギ、カタツムリ、非常口、耳かき二本、運慶の仁王などさまざまな素材を組み合わせて表現された立体作品です。壁にかけて展示するように作られているので、一見してカンバスに描かれた油彩の絵画作品に見えるのがこの作品の面白いところです。

芸術の鑑賞というと、作品を理解するということで頭が一杯になってしまい、自由に作品を楽しむということをつい忘れてしまうものです。きっと作者の意図を完全に理解することは難しいだろうし、真っ白な心で作品と向き合うことができれば十分なのかもしれない、そんなことをこの展覧会で感じました。有名無名を問わず、数多くの素晴らしい作品に出会うことができて、とても満たされた一時でした。
関連記事
夕べは白く曇った空に素晴らしいものを見つけました。大きな光の輪の中に三つの星が三角形を描き、その三角の中に丸くなった月が見えました。三つの星のひとつは赤みを帯びた火星です。もう少しで月は満月になりますね。日本ではクリスマス・イブの日に満月になるはずです。おなじみのホウホウ先生も記事を書いていらっしゃいます。

クリスマスは言うまでもなくイエスさまの誕生日ということになっていますが、クリスマスに何故クリスマス・ツリーを飾るのか考えたことはありますか。イエスさまの生まれたベツレヘムには針葉樹のもみの木もなかっただろうし、ましてやめったに雪などは降らなかったのではないかと思います。クリスマス・ツリーはヨーロッパの民間信仰にルーツがあるようです。

北半球ではもっとも日が短くなる時が冬至であり、一年で一番さびしさを感じやすくなる時期です。日照時間が少なくなると人間はウツになりやすいという話もよく聞かれます。その時期に人間が集まって楽しむためのお祭りは、キリスト教の誕生以前からいろんな文化の中に存在したようで、日本のお正月もそのひとつなのではないかと思います。

一年のうちクリスマス、年末年始ほど家族や友人の大切さを皆が思い知る時はないかもしれません。一番大切なものは何か思い出すためのチャンスを自然が与えてくれているかのようです。

今年のクリスマスは西洋占星術的に見ても「こんな素晴らしいクリスマスはないかもしれない」と思うほどスペシャルです。スペシャルでない時などもちろんないのですが、確実にひとつの時代が終わり新しい時代がスタートする、それが今年のクリスマスに重なっているのです。まるで何千年、何万年も昔から予定されていたかのように。

今年のクリスマス、年末年始はぜひとも家族や愛する仲間と楽しく過ごしてください。一年で一番ゆううつな時期にそうして皆で楽しく過ごすことができるなら、その後の一年もきっとそのとおりになることでしょう。それはスピリチュアルに生きるよりも、もっと大切なことであるかもしれません。




サンタ・ベア

Merry Christmas! =楽しいクリスマスを!


↓やった!
人気blogランキングへ←いつもいつもぽちっと応援をありがとうございます! 

「助けてエンジェル」のTOPページへ

[クリスマスの思い]の続きを読む
関連記事
友人を訪ねてアメリカのサウス・カロライナにおります。四日目でようやく時差ぼけからちょっと開放されてきました。


去年のクリスマス・イヴには兄が入院することになり病院まで付き添って行きました。世間はこれから華やいだ季節だというのに。


病院の庭を兄と二人で散歩していて、何気なく亡くなった祖父のことを話し出しました。 


77年のことだからちょうど30年前。父の実家の近くにある市民会館にサンタクロースがやってくるということで見にゆくと、10分ほど遅刻してやってきたサンタクロースはなんとうちの祖父でした。やせていた祖父には可哀想なほど赤いサンタクロースの衣装が似合いませんでした。どういういきさつでその役を引き受けることになったのか今でもわかりません。 

トナカイに乗ってきたんですかと司会の人に聞かれて、

「トナカイじゃ間に合わないから、タクシーを飛ばしてきたんだ!」

などと子供心にもつまらない冗談を言っていたので、隠れたくなりました。僕が覚えている限り、真面目なだけの人だった祖父が残した、たったひとつの冗談です。 

兄にその話をすると、大爆笑。気落ちしたり泣いたり怒ったりしていた兄が久しぶりに笑ってくれました。僕も一緒にしばし大笑いしました。

人間はどこで何の役にたつかわからないものです。あなたの何気ない一言が、のちに誰かを助けることになるかもしれません。

29年ぶりに祖父の冗談のおかげで少しだけ気持ちが軽くなった、去年のクリスマスの思い出でした。
関連記事
みなさん、こんばんは。夕べからアメリカに来ています。またすぐにブログを更新しようと思いますが、とりあえずは地球の裏側よりご挨拶。

今年一年、本当に良い年でした。適当な言葉が見つからないほどの幸せを感じております。今年の最後にこんな素晴らしいプレゼントをいただくことができました。今年一年応援してくださったたくさんの方に心よりお礼を申し上げます。
[まぐまぐ大賞2007新人賞]の続きを読む
関連記事
ここ一ヶ月の間に数件の目撃談をいただきました。ありがとうございます。

真夜中に公園のすべり台の上に立って星を眺めている人を見かけたら、その可能性は高いでしょう。満月の晩に歩道橋の上で月光欲をしている人を見かけたら、その疑いはさらに濃厚です。

引き続きみなさまからの情報をお待ちしております。
関連記事
新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。ご了承ください。

書き方にはちょっとしたルールがありますが、基本的には新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

あまり細かいルールを気にする必要はないと感じますが、何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみてください。

今回の新月は射手座で起りますので、いて座の方は特に強力なパワーが得られるでしょう。新月の日もしくはその前後が誕生日の方はまたとない素晴らしいチャンスですよ!

すべての星座の方にとって、今回の新月は海外旅行、高等教育、哲学や宗教、精神的なことなどに関する願いに効果があるでしょう。 

判りやすくまとめると、次のようになります。

【新月の願いを書く時間帯】

12月10日月曜日の02時41分(日曜の夜、深夜を回った後です)から同日の10時40分まで(一番目に強力)

12月10日月曜日の朝、10時41分から12月12日水曜日の02時40分まで(二番目に強力)


この時刻は僕が計算しなおしたもので、国立天文台発表の時刻とは異なりますがご了承ください。

12月10日のワークショップでは初めての試みとして、みなで一緒に新月の願いを書くことを実践してみたいと思います。ご参加のみなさんは、朝のうちに書いてしまっても良いのですが、夜にみなで一緒に改めて書いてみましょう。

研究の結果、新月の願いの下書きをすることは願望実現に影響を与えないということが判りましたので、ご安心ください。

以下は、僕の経験と研究からのアドバイス。

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使うことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やしてゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い。例)新月の願いが叶うことをもっと信じられますように」

「満月の頃まで、2週間くらいの間に何らかの変化があることが多いのでチャンスをのがさないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫(新月は見えない)」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロールできない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が消えるようにという願いを追加すると良い」

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことをイメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然なものであれば大丈夫」

僕、ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

宇宙があなたの願いを聞き届けてくれますように。ジーニー

関連記事
あなたの清き一票をどうぞジーニーに。 

こんな台詞、自分が口にするとは思ってもみませんでした。かなり恥ずかしいですよ、これ。

まぐまぐ大賞2007の投票がそろそろ締め切られます。よろしければ僕の「新月の願いはもっと叶う!」に投票してくださいね。参加してくださった方には抽選でプレゼントがあるようです。

新人賞だけでも受賞できたら最高ですね! 
関連記事
今日はみなさまに、一足早いクリスマス・プレゼントをお届けします。


どうぞ↓
踊るジーニー

アメリカの友人から教えてもらったサイトですが、大爆笑でした。

↓やった!
人気blogランキングへ←いつもいつもぽちっと応援をありがとうございます! 

「助けてエンジェル」のTOPページへ


関連記事
12月1日に東京で行われたホウホウ先生の講演会に参加してまいりました。 

前の日の晩になぜだか眠れず、朝からハプニングの連続でしたが、5分ほど開演時刻を過ぎて何とか会場に到着。ホウホウ先生はマイクのトラブルがあって、まだ正式にワークショップが始まっていなくてひと安心。実はこのトラブルのおかげで本来予定になかった光の一万円札(後述)を見せていただくことができたようで、本当にラッキーでした。 

遅れて会場に入ったので、スタッフの方に案内していただいて席についたところ、両隣の方が僕のことをご存知だったようで大変恐縮してしまいました。これもまた素晴らしい天のはからいでした。 

今回は「幸せにを呼ぶ講演会」ということでしたが、一番印象的だったのは

「幸せになると自分で決定すると、本当に幸せになれる」

という先生の言葉でした。

そうそう。そうなんです。幸せになりたいと言いながらも心のどこかで幸せになることを拒んでいたり、自分は幸せになれないと思い込んでいたりする人は世の中に多いですから。

心の底にそんなネガティヴな思いがあると、それが現実化してしまうようです。幸せになるには、心の底からそれを願うことが大切なんでしょうね。

ハートのチャクラを開く大切さについても教わり、それ以来ハートのチャクラが活性化しているのを感じます。今日は街中でハート・チャクラが大きく開いていたので、もしかして自分が発光しているのではないかとさえ感じました。

先生が特別に光の一万円札の波動を僕たちに分けてくださいました。先生の一万円札に自分の一万円札を重ねて、良い波動を転写させていただいたのですが、これはすごいです。両手で包んでエネルギーを改めて感じてみると、七福神全員のエネルギーが入っていました。もっと正確には、七福神と共に竜神さまと、吉祥天さまが感じられます。新調したばかりの財布の中に大切にしまっております。

この日の先生は縁起の良い紫のシャツ。僕は出掛けに紫にしようかピンクにしようか迷った末に、ピンクを選んだので残念ながら先生とおそろいになりませんでした(笑) 

最後までマイクなしに講演会を続けられた先生のエネルギーは本当に素晴らしいです。僕の脳裏にはアイルランドの僧として、野外でたくさんの弟子に教えを説いている先生の姿がうかびました。

ホウホウ先生、スタッフの方、会場でお会いしたみなさん、素晴らしい時間をありがとうございました。

↓やった!
人気blogランキングへ←いつもいつもぽちっと応援をありがとうございます! 


「助けてエンジェル」のTOPページへ
関連記事
YouTubeで「尾崎亜美 天使のウィンクができるまで」というビデオを発見し、久しぶりに感涙というものを体験しました。「助けてエンジェル」というブログ名はまさにこのエピソードから来ているのです。

今日は不思議な導きがあり、このビデオを発見しました。どれくらい不思議かというと、何故だかスターボーの「たんぽぽ畑でつかまえて」という知られざる名曲が聞きたくなりYouTubeをチェック、芋づる式に少女隊などのビデオを見ることになり、その流れでこのビデオにたどり着いたのでした。

大多数の方にとっては判らない名前でしょうね? すみません。

↓やった!
人気blogランキングへ←いつもいつもぽちっと応援をありがとうございます! 

「助けてエンジェル」のTOPページへ
関連記事
「シフォンちゃんはどうしていますか」

「最近見かけないんですけれど」


という方が最近何名もいらっしゃいました。 

ベアの写真を撮るというのは案外むずかしいです。ようやく一枚気にいったものが撮れました。

鏡の中のテディ・ベア


なんというか、可愛いだけではなくて、どこかに寂しさを抱えているのが良いのではないかと思います。

↓やった!
人気blogランキングへ←いつもいつもぽちっと応援をありがとうございます! 

「助けてエンジェル」のTOPページへ
関連記事
実は10月末に同じ町内でセッション・ルームを移転いたしました。事後報告ですみません。現在のセッション・ルームはより新宿駅に近いところ。クライアントのみなさんが落ち着ける癒しの空間を目指し、少しずつ部屋作りをすすめております。

あまり知られていないことですが、この都庁をはじめとする超高層ビルのある西新宿一帯はとても気の良いエリアです。以前のセッション・ルームは動的なエネルギーの強い場所でした。

日当りが良くて、風通しと気の流れが良くて、そこにいるだけでも運気が上がるパワフルな場所だったので、僕が出た後に友達が入ってくれたらいいなあと以前からひそかに願っていました。実はこの部屋は縄文時代のエネルギーが流れる場所なので、ここを癒しの空間として残せたのは嬉しい出来事でした。

一方で僕の新しいセッション・ルームは穏やかなエネルギーに包まれ、直接世界中につながる宇宙ステーションのような場所です。好きな家具を選んだり、いろいろとインテリアの工夫をしているうちに気付いたのは、新しいセッション・ルームが子供の頃からひそかに心の奥で描いていたような部屋になりつつあるということ。誰にも気兼ねなく、自分の好きな部屋で自分の好きなことを仕事にして生きている今が本当に幸せです。

部屋と人との間には引き寄せの法則が働いています。部屋の方も、自分のことを気に入ってくれる人を引き寄せるのだと考えるとわかりやすいでしょう。部屋に対する感謝の気持ちを忘れなければ、必ず部屋は助けてくれますよ。

部屋を見ると人がわかるというように、部屋のエネルギーと人のエネルギーは限りなく同調してゆくものです。そうだとしたら、部屋をいつもきれいに掃除して、快適に保つという作業がなにを意味するのか、もう説明するまでもありませんよね。


関連記事